挙式レポート Reception

孝行様、桃子様2019.11.05

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05

孝行様、桃子様、この度は、誠におめでとうございます。 新婦、桃子さんのお兄様が、ご祝宴を挙げて下さったのが、丸5年前の11月。当時も、とても良い天気でしたが、この日も雲を探すのが難しい位の晴天。本当に素晴らしいお天気でした。 ご祝宴でのお兄様の三線(さんしん)、とてもステキでしたね。ご出席者の皆様、おくつろぎ頂けたご様子で、とても嬉しく思っております。

それでは、いつでも思い出の厳島神社、宮島ホテル菊乃家へお帰りになられて下さい。 次回のお越しをお待ち申し上げております。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05

スミス様、有加子様2019.07.03

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05

アメリカご出身のスミス様、広島で生まれ育たれた有加子様、この度は、誠におめでとうございます。 京都にお住いでいらして、度々、打合せのため、広島にお越し頂き、ご足労をお掛けいたしました。 また、アメリカからお越しのご親族様のエアーや、ご滞在中の宿の手配など、本当に大変だったことと思います。 ご披露宴では、キーボードの伴奏によるお歌の披露や、スライドショーによるお二人の出会いなど、手作りで楽しく進行頂きました。私共の通訳も、スミス家の皆様に良く伝わるよう、神社からご披露宴まで、一生懸命、務めさせて頂きました。

それでは、有加子様のご実家に帰省される折には、思い出の厳島神社、そして、ホテル菊乃家にお帰り下さいね。末永くのお幸せを心よりお祈り申し上げております。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05

里王様 琴美様2019.03.12

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07

里王様、琴美様、この度のご結婚、誠におめでとうございます。 高知県より、2度も来広頂き、誠にありがとうございました。 私の行ったことのない高知。四万十川のお話も沢山お聞かせ下さいました。

ご結婚式当日は、お天気に恵まれ、沢山のロケ写真をお撮り頂きました。挙式後の海を臨む会場でのご会食和やかに。 どうぞ、末永くのお幸せをお祈り申し上げております。ぜひ、結婚記念日には、思い出の場所、宮島、そして、ホテル菊乃家にお帰りなさって下さいね。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07

秀歩様 菜実穂様2018.09.13

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

秀歩さん、菜実穂さんと初めてお会いしたのは、今年の2月。ホテル菊乃家で行われたご両家の顔合わせの日でしたね。 ご会食の後、皆様に館内をご見学頂き、ご披露宴会場を当ホテルにお決め頂きました。 それから衣裳、美容、スナップ打合せを経て、当日をお迎え頂くことに。

ご披露宴では、ミニ樽酒での鏡開、しゃもじのナイフによるケーキ入刀など、どのシーンも思い出深いものとなったことと思います。 ぜひ、広島に帰省なされた際は、お立ち寄り下さいね。改めましてのお帰りを心よりお待ち申し上げております。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

平井 昌人様 ちひろ様2017.10.22

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

心配された台風は、四国沖にそれ、風は弱まり、船の心配をしなくてもよい当日をお迎え頂きました。 しかし、激しく振り続ける雨。そんな中で、挙式、プチロケ、そしてご披露宴と、昌人さん、ちひろさん、本当によく頑張られました。また、当日までのご準備の大変さ。お二人が入場された直後、高砂席でちひろさんが流された、安堵の涙が物語っておりました。

初めてお二人がホテルにお訪ねいただいたのが、今年の1月でした。一通りの説明をさせて頂き、ご要望などをお伺いした後、お伺いした、お二人のご縁。後で、独身のスタッフに話をすると、皆、目をキラキラ輝かせて聞いておりました。「そんな偶然もあるんですね!」と。 そして、時は流れ、お打合せの時期となり、度々ホテルや広島市内にご足労頂きました。それにしても、ちひろさんのご準備、本当に本当に大変だったと思います。多くの、LINE、メール、電話、そして最後は岩国にお邪魔しての確認。沢山の時間を作って下さいまして、ありがとうございました。そのお陰で、お二人、並びに、ご出席の皆様のご案内をとてもスムーズに運ばせて頂くことが出来ました。  そして、オープニングムービーと、プロフィールムービー。とても手作りとは思えないほどの出来栄え。懐かしい、そして楽しいお写真の数々に、会場が大いに盛り上がりましたね。  これから、お二人の新しい人生が始まります。これから様々なことがお二人の目の前に現れることでしょう。嬉しい事、楽しい事、そしてちょっぴり辛いことも…。その時は、ぜひ、思い出の宮島、そしてホテル菊乃家にお戻り下さいね。当日のことを思い出されますと、きっと心が癒やされることと思います。  それではお二人様の末永くのお幸せを心よりお祈りいたしております。 追記:プチロケ中、めったに見ない、白いタヌキが出現したそうですね。幸運を運ぶとい    われる白いタヌキ。お二人を祝福しに来てくれたのですね!

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

前田 雄治様 美耶様2017.09.09

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

「父の喜ぶ姿を見たくて…。」と、新婦、美耶様からメールを頂戴したのが、昨年の夏でした。車イスでリハビリをされているお父様に、厳島神社での晴れ姿を見せることが夢である、との想いをお聞かせ頂いた約1年後、その実現の日が訪れました。  当日は晴天。例年ですと、残暑で暑くて大変なのですが、今年は神社の日陰に入ると涼しささえ感じました。  ご祝宴では、お父様、お母様へのサプライズバースデーケーキプレゼントや、手作りムービーの放映など、お二人らしさが伝わる、とても暖かい時間が流れました。

お開き前、新郎、雄治様からの、「彼女の夢を叶えることが出来て本当に嬉しい…。」と涙ぐまれながらのご挨拶に、我々スタッフも、心打たれました。  雄治さん、美耶さん、本当におめでとうございました。お二人と出会ったのが約1年前。あっという間に時が過ぎ、当日を迎えることが出来ました。その間の打合せを通し、私達は、沢山の思い出を作らせて頂くことが出来ました。美耶様のお父様への想いをお聞かせ頂くことにより、バリアフリーを進める事が出来たり、そのことを地元新聞が取り上げて下さったりと。また、直前には、下関までお邪魔もいたしました。  ご両親や、ご出席の方々への心配りとご準備が大変だったと思いますが、その分、皆様は、とても喜んでいらしたのではないかと思っております。  下関とは、そんなに遠くない宮島に、機会改めて、ぜひ遊びにお越し下さい。その際には、思い出の場所、宮島ホテル菊乃家へお帰りになられて下さいね。スタッフ一同、心からお待ち申し上げております。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

馬野 純一様 容子様2017.07.26

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

7月26日の挙式当日は、とても良いお天気となりました。ただ、天気が良すぎて、大変暑い日に。そんな中でのお二人様。厳島神社では、海外の観光客の皆様にも、絶えず笑顔を振りまいていらっしゃいました。プチ前撮りでは、カメラマンが注文する表情のリクエストにも、応えて下さいました。

純一さん、容子さん、市内での度々のお打合せ、ありがとうございました。おかげで、スムーズに時間を過ごすことが出来ました。    当日は、とても暑い日になりましたが、プチ前撮り、厳島神社挙式、ご家族でのご祝宴と、笑顔を絶やされず、我々スタッフにも気を配って下いました。本当にありがとうございます。  広島にお住まいなので、宮島にお越しの際は、思い出の宮島ホテル菊乃家にお戻りになられて下さいね。スタッフ一同でお待ちいたしております。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

車戸 輝様 梨恵様2017.05.08

初夏を思わす、雲一つない晴天で迎えた5月8日。本当に良いお天気になりました。プチ前撮りでも、ステキなお写真が、沢山お撮り出来ましたね。

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

埼玉にお住いの梨恵様からメールを頂いたのが、昨年の7月でした。梨恵様の、「おばあちゃんに、晴れ姿を見せたい」という想いで実現しました、厳島神社挙式とホテル菊乃家でのご祝宴。ご会食では、皆様、沢山お酒もお飲み頂き、また、歌あり、スピーチ有り、そして映像ありで、とても楽しいひとときとなられたことと思います。

輝様、梨様、この度は、誠におめでとうございました。 ご遠方にお住いのため、お二人様とお会いしたのは、最初の下見の時だけでしたが、メール、LINEを有効に使用させて頂き、無事、当日を迎えることが出来ましいた。  梨恵様のお父様と叔父様のギター演奏は、私も楽しませて頂きました。とてもとても、定年を迎えられてから、覚えられたとは、思えませんでしたよ。    また、帰省された際には、思い出の厳島神社、そしてホテル菊乃家にお戻りなさって下さい。お二人の好物のビールと赤ワインで、思い出話しに花を咲かせましょうね。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

丸子 哲平様 優様2017.04.22

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

ご新婦、優様からメールを頂戴したのが、昨年の7月でした。それから、ご自宅近くのファミレスを利用したり、市内フォトスタジオでの打合せを繰り返し、ようやくこの日を迎えることが出来ましたね。 それにしても、当日は、本当に良いお天気でした。プチロケ撮影では、宮島ならではのロケーションの下、沢山、お写真をお撮りいただけた事と思っております。間もなくお手元に届きますので、ぜひ楽しみにしていて下さいね。

鉄平様、優様、この度は、誠におめでとうございました。 「緊張しないかな…。」とおっしゃってた新郎哲平さん、とても堂々とした、ご立派なご挨拶でしたよ。 いつも笑顔を絶やされない新婦優さん。勤務先での小学校の児童達に、毎日、沢山の笑顔で接していらっしゃるのでしょうね。 これから、お二人で、力を合わせ、明るいご家庭を御築き下さい。お近くでいらっしゃいますので、いつでも、思い出の菊乃家にお帰りになさって下さいね。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

アレクサンダー・ハミルトン様 高島 里英様2016.11.25

オーストラリア在住のお二人が、初めて宮島ホテル菊乃家に足をお運び頂いたのが、今年の春でした。
お二人の出会いのお話を伺いますと、本当に、「運命の赤い糸」を感じました。数年前、アレックスさんが慣れない日本に来て、駅までの道が分からず、たまたま道を尋ねたのが、里英さんでした。里英さんは、一緒に歩いて駅までを案内。その親切心に、心打たれたアレックスさんは、「もしオーストラリアに来られた際は、ぜひ連絡を」と、メールアドレスを渡しておかれました。それが運命の出会いだったんですね。

その数年後、オーストラリアで日本語教師の仕事に就かれることとなった里英さんは、当時のことを思い出し、メールで連絡を。それから交際が始まり、数年の時を経て、「日本の文化を感じて欲しい」との里英さんの想いから、世界遺産、厳島神社での挙式に至られました。

image01
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

当日は、ご友人が、全世界から駆け付けられ、国際色豊かな1日となりました。「ニューヨーカーってこんな人たちのことを言うんだろうな。」って思うほどカッコ良くて。アレックスさんが自然に抱擁されるシーンも感動的でした。皆さん、小さなころからハグされることが当たり前に育っていらっしゃるのでしょうね。 お天気にも恵まれ、皆さま、きっと思い出深い日となられたことでしょう。 

アレックス様、里英様、準備期間の間、本当にお世話になりました。お仕事で世界を飛び回られるご主人に頼ることが出来ず、一人で披露宴の段取りだけでなく、エアーや旅行の手配までされていた里英さんの大変さは、言葉にならない位であったことと思います。披露宴がお開きとなり、お帰りなさるお二人をお見送りした際、流された涙がそれを物語っておりました。 当日から1ヶ月が過ぎました。少しは落ち着かれましたでしょうか…。これからは、アレックス様と一緒に、沢山、楽しい思い出を作って下さいね。帰国の際は、ぜひ思い出の場所、宮島ホテル菊乃家にお戻りください。通訳を担当しましたウーms、ご祝宴に携わらせて頂いたスタッフ共々、お待ちいたしております。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08